~鵞足炎について~

今回は鵞足炎について書いていきたいと思います。

 

鵞足炎とは?

半腱様筋・薄筋・縫工筋の腱が扇状に広がりながら脛骨に付着し、その部分が水鳥の足のような形であることから鵞足と呼ばれています。この付着部を押すと痛みがあり、足に抵抗を加えて曲げさせたり、膝を一杯まで伸ばさせたりすると痛みがでるときは鵞足炎が疑われます。ランニングなどで強く膝を曲げたり伸ばしたりすることによって、鵞足周囲の筋腱と膝の内側の骨(大腿骨や下腿骨)との摩擦が生じ炎症を起こします。

特にキックした膝を曲げて前に引き付ける働きを繰り返すことで、これらの筋肉に緊張が高まりストレスが過剰にかかり炎症が起こりやすくなります。また膝関節外反(膝が内側にはいること)によって疼痛が増悪するため、横方向への動きを多用するスポーツで発症しやすくなります。

膝関節の内側の隙間付近には半腱様筋腱の走行があるため、付着部から腱の走行に沿って圧痛やストレッチの際の痛みを訴えることもあります。この場合には関節の隙間にも圧痛があるため、内側側副靭帯や内側半月板の炎症が直接の原因のこともあり、鑑別診断を行う必要があります。

rehabilitation02 14 pic01

 

鵞足炎における症状改善の目的は、下記の3つです。

  1. 炎症症状の改善
  2. 膝関節機能改善
  3. 姿勢、動作の改善

1.炎症症状改善

 ・アイシング

 ・ハイボルテージ治療

痛みが生じている部分に熱感や腫張が生じている場合は、アイシングやハイボルテージ治療、電気療法などにより炎症症状への対応を行い、炎症症状の軽減に努めます。

 

2.膝関節機能の改善

 ・大腿部の柔軟改善

鵞足部の緊張が高まると、膝関節にねじれが生じます。膝関節のねじれは、鵞足へのストレスをさらに増大するだけでなく膝関節の動きの制限や筋力低下にも影響するため、早期より太ももの過度な緊張を改善し、膝関節の可動性および筋力回復に努めます。

 

3.姿勢・動作の改善

鵞足炎はランナーの方に多いと言われており、その理由は、走る動作が膝の曲げ伸ばしが多いためです。さらに足首の硬さがある人はつま先が外を向いたり、膝とつま先の向きが違うことによって炎症がおこりやすくなります。屈伸した時に膝が外に向き、つま先も外に向いてしまってないか。走行時に膝が内側に入っていないか、踵(かかと)が外を向いていないか確認し、正しいフォームづくりを行います。
膝と足の向きが真っ直ぐに前を向くように、階段を昇る時・歩く時など日常生活の中で出来るだけ膝と足先が一直線になるように意識づけを行います。

他にも

当院では、骨格,骨盤の歪み・自律神経の調節・脳脊髄液の流れ・首や腰の関節・筋肉にアプローチするなどいろいろな施術をしていきます。

お身体に悩みやがありましたら、ご遠慮なくご相談ください!

「サッカー膝の痛み」の画像検索結果

 

※お問い合わせ・ご予約はこちらから

・☎ 029-357-7601

以上、平元でした。

 

~アキレス腱周囲炎について~

今回はアキレス腱周囲炎について書いていきたいと思います。

 

 

アキレス腱とは?

アキレス腱は人体最大の腱であり、腓腹筋やヒラメ筋が折り重なってできています。その役割は、腓腹筋やヒラメ筋の力を踵(かかと)へ伝えることであり、これにより、 歩行・跳躍などの運動、つま先立ちなどが可能になっています。

 

アキレス腱周囲炎とは?

アキレス腱の表層にはパラテノンと呼ばれる腱上膜があり、アキレス腱は血流豊富なパテラノンに包まれています。アキレス腱とパラテノンの間には組織液が含まれており、摩擦を軽減しています。またアキレス腱の奥の方には脂肪組織がありアキレス腱へ血流を供給しています。                           アキレス腱周囲炎は、アキレス腱に繰り返し負荷がかかることにより、パラテノンや脂肪組織に炎症が生じ、肥厚したり癒着することで痛みを引き起こします。

特徴的な症状としては、                           運動時にアキレス腱に痛みが生じたり、圧痛があります。状態が悪化すると運動後にも痛みが持続します。 通常アキレス腱は1トンまでの負荷にも耐えうるほどの強靭な腱ですが、 繰り返し負荷がかかることでアキレス腱周囲炎が進行し、微細損傷(アキレス腱炎)を引き起こします。さらに変性が進むと腱の断裂(アキレス腱断裂)に至る場合もあります。

アキレス腱周囲炎のイメージ画像

 

主な原因

アキレス腱周囲炎は、アキレス腱に繰り返し負荷がかかることが原因で発症します。 足首は多くの体重がかかる部位で、走ったり・ジャンプするなどの動作で体をわずかにねじる癖があったり、骨盤が左右にブレたりすることでアキレス腱周囲が過度に引っ張られます。このような動作が繰り返されるとアキレス腱周囲に過剰な負担が生じ、炎症が引き起こされ、結果としてアキレス腱周囲炎を発症します。

 

アキレス腱周囲炎になりやすいケース

・普段あまり運動をされない方が突然運動をした時

・普段から運動をされている方でも限界以上の運動負荷をかけ続けた時

身体の使い方に癖のある方

扁平足(へんぺいそく)の方

靴底のすり減った靴などを履いている方

 

 

診断・ご自身がアキレス腱周囲炎かどうかの目安

アキレス腱の炎症(圧痛・腫れ・熱感等)を確認し、足首を動かして圧痛の場所が移動するか確認します。痛みの場所が移動するとアキレス腱炎、移動しなければアキレス腱周囲炎が疑われます。

 

治療方法
〈保存療法〉

患者様のアキレス腱の炎症に対して、温熱治療超音波治療・電気治療で患部の炎症を抑えていきます。また足の形状や使い方のクセや姿勢評価から、アキレス腱に負担がかかっている原因を探り、ストレッチや筋力強化、インソールやテーピングで根本的な原因を改善し痛みを軽減していきます。

当院では、骨格,骨盤の歪み・自律神経の調節・脳脊髄液の流れ・首や腰の関節・筋肉にアプローチするなどいろいろな施術をしていきます。

お身体に悩みやがありましたら、ご遠慮なくご相談ください!

「アキレス腱断裂 サッカー」の画像検索結果

 

※お問い合わせ・ご予約はこちらから

・☎ 029-357-7601

以上、平元でした。

~足底腱膜炎について~

今回は足底腱膜炎について書いていきたいと思います。

足底腱膜とは?

足底腱膜は足の指の付け根から踵(かかと)の骨まで、足の裏に張られている強靭な腱の膜です。

足底腱膜のイメージ画像その主な役割は、

  • 足の甲の骨(アーチ状になって体重を支えている)を支えること
  • 歩行・ランニングにおいて、地面と足部の衝撃を和らげるクッション

になります。

 

足底腱膜炎とは?

長時間の立位や歩行、ランニングなど足底に負担の加わる動作を過剰に繰り返すことにより足底腱膜に炎症が生じ、踵(かかと)の内側前方から中央にかけて痛みが生じます。この症状が足底腱膜炎であり、特徴的な傾向として、「起床時の歩き出し時に足の裏に痛みが生じる」「しばらく歩いていると痛みがなくなる」などがあげられます。

足底腱膜炎のイメージ画像

 

足底腱膜炎の原因・メカニズムは?

足底腱膜にかかる負荷は、

  • 牽引力足を蹴り出すときの引っ張られる力)
  • 圧迫力(足裏にかかる荷重や足を着地させた時の衝撃)

によって起こります。

足底腱膜のイメージ画像そのため、

スポーツ(ランニングやジャンプ動作)

立ち仕事(足の裏で体重を支え続ける)

・加齢(後方重心になり、かかとに体重がかかる)など

足を酷使することによって、足底腱膜にかかる負荷が大きくなり、炎症や小さな断裂が引き起こされ、踵(かかと)や足の裏に痛みをもたらします。

 

 

ご自身が足底腱膜炎かどうかの目安

・踵(かかと)側の足底腱膜付着部に圧痛がある

・長時間の立位.歩行.走行.歩行開始時のいずれかの際に、踵(かかと)側の足底腱膜付着     部に痛みがある

・その他、神経の圧迫や障害、反射性交感神経萎縮症、足底腱膜繊維腫症など他の原     因が考えにくいこと

 

治療方法

〈保存療法〉

ストレッチや運動で根本原因を改善するとともにインソールやテーピング、温熱療法などで痛みを取り除きます。

当院では、骨格,骨盤の歪み・自律神経の調節・脳脊髄液の流れ・首や腰の関節・筋肉にアプローチするなどいろいろな施術をしていきます。

お身体に悩みやがありましたら、ご遠慮なくご相談ください!

「サッカー 足底筋膜炎」の画像検索結果

 

※お問い合わせ・ご予約はこちらから

・☎ 029-357-7601

以上、平元でした。

スポーツ外傷について ~子供たちの野球肘を防ぎましょう~

「野球肘」「野球肩」スポーツ障害でよく耳にすると思います。         今回は、野球肘とはどのような疾患なのか。そして放置してしまうとどうなってしまうのかについて書いていきたいと思います。

 

野球肘は大きく分けると内側型・外側型・後方型があります。

手のひらを正面に向けたとき、                        肘の内側の骨のでっぱり付近に痛みがでる症状を内側型。

肘の外側の骨のでっぱり付近に痛みがでる症状を外側型といいます。       野球少年に多いのが内側型野球肘です。

 

 内側型野球肘は肘の内側にある靭帯にストレスがかかり、靭帯が肘の内側の骨のでっぱりを引っ張ってしまいます。肘に負担のかかる投げ方をしていると、靭帯に引っ張られ骨がはがれてしまいます。子供の骨は成長段階のために骨が未熟でやわらかいために起こってしまいます。   同じ野球肘でも、成熟した大人の骨ではおこらず、大人の肘では靭帯が切れてしまいます。

外側型野球肘で代表的な疾患は、離断性骨軟骨炎(りだんせいこつなんこつえん)というものがあります。離断性骨軟骨炎は初期症状は痛みがないことがあります。痛みが出たときには状態がかなり進行していることがあります。 透亮期(初期 図1左)は安静では痛みは消失し、分離期(図1中央)になると時々痛みがでます。関節症状は曲げ伸ばしが制限されます。遊離期(図1右)では遊離体(関節ねずみ)が肘関節面に挟まり激痛とともに動かせなくなります(ロッキング症状)。肘関節を完全に曲げられない・伸ばせない状態にもなります。 外側型は放置しておくと中学・高校に入ってから遊離体(関節ねずみ)を取り除くための手術が必要です。 離断性骨軟骨炎は早期発見・早期治療で治すことが可能です。

野球少年のためのリハビリテーション

ボールを投げずにいたら痛みがなくなったが、投げたら痛みがでることがあります。 確かに投げずに安静にすることは大切です。しかし、安静にするだけではベストな治療とは言えません。痛みがでるということは何かしらの原因があります。 それは、ストレッチ不足による身体の硬さ・柔軟性や投球フォームの問題などがあげられます。 良いとされる投球フォームはあります。しかし、みんながそのフォームで投げることはできません。性格がみんな違うように投球フォームも人それぞれ違うものです。

関連画像

お子様が投球中や投球後に痛みや違和感を訴えたら当院にいらしてください。 全快堂整骨院では、長く・楽しく野球が続けられるようにサポート致します。

 

何か身体についてご不明な点がございましたら、ご相談下さい!

「野球選手 アイシング」の画像検索結果

プレー後は、アイシングをしっかりと!

 

※お問い合わせ・ご予約はこちらから

・☎ 029-357-7601

以上、平元でした。