~有痛性外脛骨について~

 

今回は有痛性外脛骨について書いていこうと思います。

 

 

・有痛性外脛骨とは

外脛骨とは、足の舟状骨という骨の内側に存在する種子骨(普通にはない余分な骨)で、15~20%の人にみられます。多くは骨の出っ張りがみられるだけですが、これに痛みを伴うような症状を有痛性外脛骨と言います。               有痛性外脛骨は若年性のスポーツ障害として数多くみられる疾患のひとつですが、成人になって痛みが発症することも少なくありません。              多くは捻挫を契機として足の内側に痛みが出現しますが、ときに明らかな誘因がなく痛みが生じることもあります。足の内側には疼痛を伴う骨性の隆起が認められ、扁平足を伴うことが殆どです。

「足の舟状骨」の画像検索結果

 

・有痛性外脛骨の症状

好発年齢はスポーツ活動が盛んな思春期(10~15歳頃)です。          運動量の増加や捻挫などを契機として症状が出てくることが多いです。中年以降での発症は、外傷が大きく関与していることが多いです。

運動時または歩行時の痛みを訴え、後脛骨筋腱の付着部である舟状骨内側部に骨性の膨隆(ふくらみ)と著明な圧痛を認めます。

 

・有痛性外脛骨の診断

有痛性外脛骨は足の内側に骨性隆起がみられ、同部に自発痛および圧痛を伴うことから診断は容易です。                             解剖学的には同部に後脛骨筋腱が付着しているため、この腱の走行を辿ると外脛骨の部位が容易に確認できます。                         多くの場合、つちふまずが低くアーチのない足、いわゆる扁平足の傾向のある足をしています。

 

・有痛性外脛骨の治療

局所の安静を行い、温熱療法などの保存療法で疼痛の改善を期待します。症状が長引くケースや繰り返し疼痛が出現するようなケースでは足底板を装着させる方法が有効なこともあります。

当院では、骨格,骨盤の歪み・自律神経の調節・脳脊髄液の流れ・足首や腰の関節・筋肉にアプローチするなどいろいろな施術をしていきます。

 

・有痛性外脛骨でお悩みの方

この疾患は、日常生活やスポーツ活動に支障を来す厄介な病態ですが、特に若年者においては体力向上のための貴重な時期をこの痛みのために思う存分にスポーツを楽しめないことになりかねない疾患ですので、是非、適切な治療を行い有意義なスポーツ活動を送らせてあげられるようにすることが大切です!

お身体について何かお悩みがある方は、一度ご相談ください!

「サッカー足のケガ」の画像検索結果

 

※お問い合わせ・ご予約はこちらから

・☎ 029-357-7601
以上、平元でした。