~寝違えについて~

 

今回は寝違えについて書いていきたいと思います。

 

 

〇寝違えとは…

朝起きると痛みを感じて気付く寝違えですが、その原因は睡眠時の姿勢が大きく関係しています。筋肉に負荷がかかる姿勢のまま長時間寝ていることで、首や肩に圧迫感があるときは、まさにそれ!が原因だと考えられます。             また、睡眠姿勢のみならず普段の姿勢、その日の活動内容も大きく関係してきます。

特にスポーツなどで普段あまり動かさない筋肉を動かした時の睡眠時には、損傷している筋肉がさらに刺激されることで寝違えになることもあるので注意が必要です。 そのため寝る前に肩や首に違和感があるときは、軽く冷やすなどして筋肉の疲労を和らげるといいでしょう。

 

〇寝違えの種類…

寝違えと言ってもその種類にはさまざまなものがあり、場合によっては自分で治すことが難しいことがあります。痛みが引いても治癒していないことで繰り返して寝違えを引き起こしてしまうことになりますので、きちんと治すことが重要です。    分かりやすくまとめると3種類に分けられます。

①筋肉が痙攣している場合

②筋肉が傷ついている場合

③関節や神経に痛みが出る場合

寝違えは大きく分けると以上の3つの種類に分けることができ、多くの場合は②の筋肉に傷がついている場合になります。                      それぞれ痛みを伴いますので、朝起きればすぐに気付くことができますが、それぞれ原因は全く異なります。まずは寝違えになった原因を突き止め、繰り返さないようにすることが大切です。

 

〇寝違えの対処法…

①朝起きて寝違えたことに気付いたら、消炎鎮痛成分の入っている冷湿布を痛みの感じる部分に貼りましょう。

ただし、この湿布は長時間貼り続けるのではなく、1時間ほどを目安にします。   それでも痛みが引かない時には、その部分を氷水などで一気に冷やすことも効果的です。あとは、炎症が広がる可能性がありますので、動かさないように安静にしておくように意識しておきましょう。

 

②寝違えの原因は「脇」にもあります!脇の下の神経圧迫が原因です。      首の痛みのある側の腕を後ろに伸ばしてストレッチするだけで効果がでます!   寝違えた際は腕を伸ばすなどストレッチ系を多く取り入れましょう。       ※個人差はあります。

 

〇寝違えに気付いた時にやってはいけないこと

自分でできる対処法の中に、マッサージが入っていないと感じた方も多いかも知れませんが、寝違え時のマッサージは炎症を悪化させる可能性があるのでNG行為となっています。                                 また、痛みを感じる部分を温めるような行為や、長時間のアイシングもやってはいけない行為になります。そのため安静にしていて痛みが引かないような時は、整骨院などでの治療がおすすめです。

 

〇全快堂整骨院では…

アクチベーターやハイボルテージという高電圧の電気治療器や

骨格,骨盤の歪み・自律神経の調節・脳脊髄液の流れ・肩、腰、足首の関節・筋肉にアプローチするなどいろいろな施術をしていきます。

 

お身体に悩みやがありましたら、一人で悩まずご遠慮なくご相談ください!

「サッカー」の画像検索結果

以上、平元でした。

※お問い合わせ・ご予約はこちらから
・☎ 029-357-7601

 

 

~肩こりについて~

 

今回は肩こりについて書いていきたいと思います。

 

 

〇肩こりの原因とは…

肩こりの原因は姿勢です!

なぜ、姿勢が関係してくるかそれは、 頭の重さが関係します。

人の頭の重さは約5~6㎏あるといわれ、スイカ1個分くらいの重さになります。

これが背骨の上に乗っていると支えることは可能ですが、首や肩の筋肉で頭を支えることになります。肩こりだけでなく、首こりや頭痛にも繋がります。

 

〇肩こりを改善するには…

この姿勢からくる肩こり・首こり・頭痛を改善する為には、まずは猫背になってしまっている姿勢を改善する必要があります。そして、猫背を改善したら、肩に負担のかからない「動き」を身に付ける必要があります。

長年猫背になっていた方は、その間ずっと負担のかかる動かし方をしているので、その動きを脳も覚えています。                         その為、ただキレイな姿勢を作るだけでなく、それに加えて正しい肩の動かし方を トレーニングすることで、肩がこりにくい身体を手に入れることが出来ます!

 

〇今後なりにくくするには…

今後なりにくくするには、姿勢改善が効果的です。実は姿勢をつくるのは、骨盤が関係してきます。

いくら、肩回りを揉んだりしても一時的にしかよくなりません。根本的に、土台になっている骨盤から整えてくいく必要があります!

ひとつだけ、骨盤を整えるストレッチを紹介します。

「殿筋ストレッチ」の画像検索結果

まず、画像のように、膝を胸に抱え込むようにしてみてください。

いけるところまでいったら、深呼吸を5回やりましょう!

左右両方2、3セット

もし、このストレッチが痛い場合は、歪んでいる場合がありますので無理をせず行ってください。このストレッチをすると骨盤が整い、肩こりも落ち着いたりもします。※個人差はあります。

〇全快堂整骨院では…

アクチベーターやハイボルテージという高電圧の電気治療器や

骨格,骨盤の歪み・自律神経の調節・脳脊髄液の流れ・肩、腰、足首の関節・筋肉にアプローチするなどいろいろな施術をしていきます。

 

お身体に悩みやがありましたら、一人で悩まずご遠慮なくご相談ください!

「サッカー」の画像検索結果

以上、平元でした。

※お問い合わせ・ご予約はこちらから
・☎ 029-357-7601

~ぎっくり腰になったら~

 

今回はもしもぎっくり腰になったら……について書いていきたいと思います。

 

 

みなさんはこれまで

◇腰を動かそうとすると突然激痛が走った

◇腰が抜けそうな違和感・不安感がある

◇以前にも腰に激痛や似たような痛みがおこり1年以内又は毎年何度も起きた事がある

という経験はありませんか?

 

人により様々な痛みの感覚がありますが、上記の項目に当てはまる方は

『ぎっくり腰』とよばれる症状かもしれません。

 

〇ぎっくり腰とは…

突然腰に激痛が走り動かせなくなる状態をいいます。

余談ですがドイツでは「魔女の一撃(Hexenschuss)」と言われるくらい怖いものらしいです!

 

今回はぎっくり腰になった時どうしたらいいのか、どうしたら今後なりにくい身体になるのかをお伝えします。

 

〇ぎっくり腰になったら…

一般的に多いぎっくり腰は、筋肉とその筋肉を覆う筋膜(きんまく)が急なストレスを受けて炎症を起こし痛みを訴えます。

注意してほしいのが、良くなるだろうと思って、お風呂に浸かって温めることです!! ※温めると痛みがきつくなる可能性があるのでお気をつけください。

こういう時は、患部を冷やしてあげるといいでしょう!             あと、動かしたりするのもなるべく控えてください。              ストレッチなど身体を動かす際、筋肉と筋膜にストレスを与えますので、我慢して動かしても悪化させてしまいます。

横になるなど安静にしておくのが良いでしょう。

起きる際は、体を横にして手で突っ張りながら起きたり、立ち上がる時に少し目線を上げて立ち上がると腰への負担も軽くなります!

 

〇全快堂整骨院では…

腰を守る為に腰・骨盤周囲の筋肉は硬くなりがちです。             これは本来筋力により支えないといけないですが、筋力機能を失い硬くなることで支えようとします。

そこで、アクチベーターやハイボルテージという高電圧の電気治療器で筋肉を使える状態にします。

そして、腰・骨盤周囲を支える為に余計な負担のかかる筋肉に対して治療を行います。痛みが辛くセルフケアが難しい為、この施術で約2〜5回で痛みが和らぐデータがあります。

 

〇今後なりにくくするには…

今後痛みの出にくい身体にするには、支える力を強化する必要があります。 みなさんがまず思うのが腹筋や背筋などの筋トレだと思いますが

それだけでは足りません!!

それは腹筋や背筋はアウターマッスルと呼ばれる表面の筋肉を使うからです。

ではどこを鍛えるのか?

それはインナーマッスルです!

インナーマッスルと呼ばれる体幹部分を鍛えることで、身体の土台部分を安定させることができるので、効果があります。                     ※無茶なトレーニングをして再発したり悪化しないように個人にあったペースで行うといいです。

他にも当院では、骨格,骨盤の歪み・自律神経の調節・脳脊髄液の流れ・足首や腰の関節・筋肉にアプローチするなどいろいろな施術をしていきます。

 

お身体に悩みやがありましたら、一人で悩まずご遠慮なくご相談ください!

「サッカー腰 香川」の画像検索結果

以上、平元でした。

※お問い合わせ・ご予約はこちらから

~腱鞘炎について~

 

今回は腱鞘炎について書いていきたいと思います。

 

 

〇腱鞘炎とは

手や足を動かすときに筋肉の動きを骨に伝える細い組織であると        と呼ばれる腱が何本も通るトンネル上の筒の所に炎症が起きたことを言います。※親指の内側に最も多く発生し、中指・薬指が次に起きやすいです。

「腱鞘炎とは」の画像検索結果

 

〇腱鞘炎の症状

・腱や腱鞘との間の滑りが悪くなること

・指を曲げ伸ばしするときの痛み

・押さえても痛みが出る

・赤くなったり腫れたり熱を持つ

など様々な症状があります。

※症状がきつくなると指の曲げ伸ばし時に、カクカクすることがあります。    これをバネ指といいます。他にもド・ケルバン病などがあります。

 

〇腱鞘炎の治療

治療は原因となっている仕事やスポーツ、家事を極力さけ、安静を保ちます。   特に包帯やテーピングなどの固定は更によいです。               その後、原因となっている筋肉をほぐし、冷却、温熱療法を加えると更に回復が早まります。

他にも当院では、骨格,骨盤の歪み・自律神経の調節・脳脊髄液の流れ・足首や腰の関節・筋肉にアプローチするなどいろいろな施術をしていきます。

 

お身体に悩みやがありましたら、一人で悩まずご遠慮なくご相談ください!

「サッカー」の画像検索結果

以上、平元でした。

※お問い合わせ・ご予約はこちらから