前十字靭帯損傷(膝のスポーツ外傷)について

 

 

〇前十字靭帯とは・・・

膝関節は大腿骨と、脛骨、膝蓋骨の3つの骨で構成されています。大腿骨と脛骨は安定性を保つために前十字靭帯、後十字靭帯、内側側副靭帯、外側側副靭帯の4つの靭帯でつながっています。

内側・外側側副靱帯は膝関節の両側にあり、膝の左右の動きを抑えて膝関節の安定性を高めています。一方の前・後十字靱帯は大腿骨と脛骨の間で交差しており、前十字靭帯は脛骨が前へ出ないように、後十字靱帯は脛骨が後ろへずれないように動きを抑制しています。
これらの靱帯が耐え切れないほどの強い力が加わって、伸びたり切れたりした状態を膝靱帯損傷といい、膝に加わった力の向きによって損傷する靭帯が違ってきます。

 

〇原因・・・

前十字靭帯損傷はバスケットボールやサッカー、スキーなどでのジャンプの着地や急な方向転換、急停止時に発生することが多いとされています。

 

〇症状・・・

受傷時は激しい痛みやブツッという断裂音(ポップ音)を感じることがあり、靭帯からの出血により関節の腫れを伴います。受傷後は徐々に症状が改善し数週間で歩けるようになりますが、膝の不安定感や、膝が抜けるような感じ(膝くずれ)が生じることもあります。

 

〇治療・・・

前十字靭帯は関節内にある靭帯なので血流が乏しく、一度切れてしまうと自然治癒の可能性はほぼありません。中高齢者には保存的な治療が選択されることもありますが、保存的な治療では前十字靭帯の機能回復は期待できないため、スポーツ活動を継続したい方、日常生活でも “弛さ”や”膝崩れ”症状が出現してしまう方は、靭帯の再建手術を行うことが望ましいです。

保存療法
膝動揺性抑制装具(サポーター)を装着して、痛みのない範囲で関節の動きを改善する可動域訓練を行い、筋力低下を最小限にとどめるようにします。

手術療法
損傷した靱帯の代わりに、患者さん自身の腱(自家腱)を移植する「前十字靭帯再建術」が一般的です。手術は関節鏡を用いてできる限り低侵襲で行われます。

 

〇全快堂整骨院では…… 

骨格、骨盤の歪みの整体施術があります。

骨格,骨盤の歪み…神経の流れに着目し、神経が休んでいる部分を探し出し、直接働きかける事により、神経の命令が身体全体に伝わるようになり、筋肉がしっかり働き、骨格を正しい位置に戻し、症状をアクチベーターなどで改善します。

筋肉・骨格を正常な位置に戻す事で内臓・自律神経系もバランスがとれ、真の健康を引き出す事が可能です。

 

 〇まとめ
発症していても、軽い症状であればスポーツを続けることは可能と考えられます。その場合にはストレッチや、運動後のアイシングといった予防や対処をしっかりと行い、適切なコンディションを保つことが大切です。

当院の施術は 骨格・骨盤の歪み自律神経の調節脳脊髄液の流れ関節調節筋肉・リンパなどにアプローチします。                     お身体に悩みやがありましたら、一人で悩まずご遠慮なくご相談ください!

八村塁がNBA首位と激突したら……。レイカーズ&レブロン達に喰らった ...
以上、野部でした
※お問い合わせ・ご予約はこちらから
・☎ 029-357-760

 

足底腱膜炎について

今回は足底腱膜炎について書きたいと思います。

足の裏にはかかとから指の先まで扇状の筋肉の繊維がつながっています。その繊維に炎症が起こることを「足底腱膜炎」と言います。足の細かな関節のズレや歪みが土踏まず等の足底のアーチに負荷がかかり、足底腱膜炎につながるとも考えられています。

 

〇原因

マラソンやハイキング、長時間の立ち仕事などで土踏まずに過度な負担がかかると、足底腱膜がかかとの付近に引き伸ばされる力が繰り返しかかることになります。マラソンでは特に、アスファルトなどの固い道を走ると足底腱膜に負荷がかかり炎症を起こしやすくなります。

 

〇治療

治療の基本は足の裏にかかるストレスを減らすことですので、運動はしばらく休むか、運動量を減らし、硬いアスファルトを避け土や芝生の上を走るなどの工夫も必要でしょう。炎症を抑えるために、足の裏に均等に力がかかるように靴の中に土踏まずの部分が盛り上がった中敷きを入れ、足底をサポートすることも必要です。

 

〇全快堂整骨院では…… 

骨格、骨盤の歪みの整体施術があります。

骨格,骨盤の歪み…神経の流れに着目し、神経が休んでいる部分を探し出し、直接働きかける事により、神経の命令が身体全体に伝わるようになり、筋肉がしっかり働き、骨格を正しい位置に戻し、症状をアクチベーターなどで改善します。

筋肉・骨格を正常な位置に戻す事で内臓・自律神経系もバランスがとれ、真の健康を引き出す事が可能です。

 

 〇まとめ
発症していても、軽い症状であればスポーツを続けることは可能と考えられます。その場合にはストレッチや、運動後のアイシングといった予防や対処をしっかりと行い、適切なコンディションを保つことが大切です。

当院の施術は 骨格・骨盤の歪み自律神経の調節脳脊髄液の流れ関節調節筋肉・リンパなどにアプローチします。                     お身体に悩みやがありましたら、一人で悩まずご遠慮なくご相談ください!

以上、野部でした
※お問い合わせ・ご予約はこちらから
・☎ 029-357-760

 

オスグッドについて

今回はオスグッドについて書きたいと思います。

 

 

オスグッドは成長期のスポーツ少年が膝のお皿の少し下を痛がり、同時にその部位が突出してきて赤く腫れたり、熱を持ったりするのが特徴です。

〇病態

膝のお皿の下の骨がコブのようにもりあがり、膝を曲げるような動作(ジャンプ・ダッシュ)などで痛みが出る膝の疾患です。好発年齢は10~15歳くらいの男子に多く陸上・バスケットボール・バレーボールなどジャンプ動作を繰り返す競技に良く見られます。太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)にストレスがかかることによってお皿の下の骨が引っ張られて炎症を起こすと考えられています。

〇原因

主な原因としては、オーバーユース(使いすぎ)です。成長期の子供は通常でも骨の成長に筋肉の成長が追い付かず負担がかかり、そのうえ過度な運動でさらなる負荷を与えればそこで炎症が起きます。

〇診断

診断はレントゲンにて鑑別か可能です。

〇治療

アイシング・・・運動後や腫れ・痛みが強い時は氷水や湿布などで患部を冷やしましょう。袋に氷を入れて少し水で湿らせた氷水で10~20分冷やします。

安静・・・痛み強い時にスポーツ競技を継続すると、骨や周りの組織の損傷を助長してより悪化する恐れがあります。無理をせず膝に負担のかからない運動やトレーニングを中心に取り組みましょう。

ストレッチ・・・太もも(特に前面)の筋肉に柔軟性をもたせてあげて、膝の負担を少しでも減らしてあげるのが大切です。痛みの範囲内でストレッチしましょう。

 

〇全快堂整骨院では

骨格、骨盤の歪みの整体施術があります。

骨格,骨盤の歪み…神経の流れに着目し、神経が休んでいる部分を探し出し、直接働きかける事により、神経の命令が身体全体に伝わるようになり、筋肉がしっかり働き、骨格を正しい位置に戻し、症状をアクチベーターなどで改善します。

筋肉・骨格を正常な位置に戻す事で内臓・自律神経系もバランスがとれ、真の健康を引き出す事が可能です。

 

 〇まとめ
発症していても、軽い症状であればスポーツを続けることは可能と考えられます。その場合にはストレッチや、運動後のアイシングといった予防や対処をしっかりと行い、適切なコンディションを保つことが大切です。

当院の施術は 骨格・骨盤の歪み自律神経の調節脳脊髄液の流れ関節調節筋肉・リンパなどにアプローチします。                     お身体に悩みやがありましたら、一人で悩まずご遠慮なくご相談ください!

以上、野部でした。

※お問い合わせ・ご予約はこちらから
・☎ 029-357-760