肩の痛みは腱板損傷かも

 

今回は、腱板損傷について書いていきたいと思います。

 

〇腱板損傷とは・・・

 腱板とは肩の深部についている4つの筋肉の束(肩甲下筋・棘下筋・棘上筋・小円筋)で肩を上げたり、腕を捻じったりするときに働きます。酷使すると、摩耗するような形で部分的に切れてしまうことがあり、これを腱板損傷という。

〇四十肩・五十肩との違いとは・・・

加齢により肩が上がらなくなる四十肩や五十肩は正式名称は「肩関節周囲炎」と呼ばれ、肩の痛みが同様のために、腱板損傷と混同されやすいです。         大きな違いは四十肩・五十肩は筋肉の炎症から関節が拘縮(固くなる)するため、腕・肩を上げれば上げるほど痛みが増します。これに対して腱板損傷は、関節の拘縮がないことが多いので、腕を上げる途中や、上げてから下ろす途中で強い痛みを感じます。腱板損傷でも関節の拘縮を起こす場合もあるので、四十肩・五十肩と見分けがつきにくい場合もあります。

〇原因と症状とは・・・

腱板が損傷する原因には、日常生活の重労働やスポーツなどで肩を酷使した場合と加齢による場合がありますが、どちらも何らかの衝撃が肩に加わることで損傷します。重い物を持ちあげたり・転倒して手をついたり・肩をぶつけるなどがよくあるケースです。また、投球肩による損傷が起こることもあります。            症状は、腕を上げる時に痛みが生じ、肩が上がらなかったり・手を伸ばして物を持つことができなくなり、夜間痛があるのも特徴的です。              レントゲンには腱板の損傷は写らないため、問診・身体所見・検査などを踏まえて診察します。

「腱板損傷野球」の画像検索結果

 

 

何か身体についてご不明な点がございましたら、ご相談下さい!

「サッカー 怪我」の画像検索結果

以上、平元でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>