スポーツ外傷について ~子供たちの野球肘を防ぎましょう~

「野球肘」「野球肩」スポーツ障害でよく耳にすると思います。         今回は、野球肘とはどのような疾患なのか。そして放置してしまうとどうなってしまうのかについて書いていきたいと思います。

 

野球肘は大きく分けると内側型・外側型・後方型があります。

手のひらを正面に向けたとき、                        肘の内側の骨のでっぱり付近に痛みがでる症状を内側型。

肘の外側の骨のでっぱり付近に痛みがでる症状を外側型といいます。       野球少年に多いのが内側型野球肘です。

 

 内側型野球肘は肘の内側にある靭帯にストレスがかかり、靭帯が肘の内側の骨のでっぱりを引っ張ってしまいます。肘に負担のかかる投げ方をしていると、靭帯に引っ張られ骨がはがれてしまいます。子供の骨は成長段階のために骨が未熟でやわらかいために起こってしまいます。   同じ野球肘でも、成熟した大人の骨ではおこらず、大人の肘では靭帯が切れてしまいます。

外側型野球肘で代表的な疾患は、離断性骨軟骨炎(りだんせいこつなんこつえん)というものがあります。離断性骨軟骨炎は初期症状は痛みがないことがあります。痛みが出たときには状態がかなり進行していることがあります。 透亮期(初期 図1左)は安静では痛みは消失し、分離期(図1中央)になると時々痛みがでます。関節症状は曲げ伸ばしが制限されます。遊離期(図1右)では遊離体(関節ねずみ)が肘関節面に挟まり激痛とともに動かせなくなります(ロッキング症状)。肘関節を完全に曲げられない・伸ばせない状態にもなります。 外側型は放置しておくと中学・高校に入ってから遊離体(関節ねずみ)を取り除くための手術が必要です。 離断性骨軟骨炎は早期発見・早期治療で治すことが可能です。

野球少年のためのリハビリテーション

ボールを投げずにいたら痛みがなくなったが、投げたら痛みがでることがあります。 確かに投げずに安静にすることは大切です。しかし、安静にするだけではベストな治療とは言えません。痛みがでるということは何かしらの原因があります。 それは、ストレッチ不足による身体の硬さ・柔軟性や投球フォームの問題などがあげられます。 良いとされる投球フォームはあります。しかし、みんながそのフォームで投げることはできません。性格がみんな違うように投球フォームも人それぞれ違うものです。

関連画像

お子様が投球中や投球後に痛みや違和感を訴えたら当院にいらしてください。 全快堂整骨院では、長く・楽しく野球が続けられるようにサポート致します。

 

何か身体についてご不明な点がございましたら、ご相談下さい!

「野球選手 アイシング」の画像検索結果

プレー後は、アイシングをしっかりと!

 

※お問い合わせ・ご予約はこちらから

・☎ 029-357-7601

以上、平元でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>