~腱鞘炎について~

 

今回は腱鞘炎について書いていきたいと思います。

 

 

〇腱鞘炎とは

手や足を動かすときに筋肉の動きを骨に伝える細い組織であると        と呼ばれる腱が何本も通るトンネル上の筒の所に炎症が起きたことを言います。※親指の内側に最も多く発生し、中指・薬指が次に起きやすいです。

「腱鞘炎とは」の画像検索結果

 

〇腱鞘炎の症状

・腱や腱鞘との間の滑りが悪くなること

・指を曲げ伸ばしするときの痛み

・押さえても痛みが出る

・赤くなったり腫れたり熱を持つ

など様々な症状があります。

※症状がきつくなると指の曲げ伸ばし時に、カクカクすることがあります。    これをバネ指といいます。他にもド・ケルバン病などがあります。

 

〇腱鞘炎の治療

治療は原因となっている仕事やスポーツ、家事を極力さけ、安静を保ちます。   特に包帯やテーピングなどの固定は更によいです。               その後、原因となっている筋肉をほぐし、冷却、温熱療法を加えると更に回復が早まります。

他にも当院では、骨格,骨盤の歪み・自律神経の調節・脳脊髄液の流れ・足首や腰の関節・筋肉にアプローチするなどいろいろな施術をしていきます。

 

お身体に悩みやがありましたら、一人で悩まずご遠慮なくご相談ください!

「サッカー」の画像検索結果

以上、平元でした。

※お問い合わせ・ご予約はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>