~梨状筋症候群について~

 

今回は梨状筋症候群について説明していきたいと思います。

 

 

〇梨状筋症候群とは…

梨状筋症候群はマラソンなどのレースやトレーニング中、坐骨神経痛が出現し、臀部の痛み、太ももの後ろの痛みなど多彩な症状があります。股関節の動きのなかで特に複雑で、かつ微力なものに回旋(内外旋)運動があります。股関節を内旋すると痛む場合は外旋筋群が硬くなっており、その下にある坐骨神経が圧迫されている可能性があります。このような症状を梨状筋症候群 といいます。 「股関節内旋外旋」の画像検索結果

 

〇梨状筋症候群の原因とは…

股関節を内旋するとおしりが痛む場合は股関節の外旋筋群が硬くなっており、その下にある坐骨神経が圧迫されている可能性があります。 臀部坐骨神経周辺の解剖は複雑ですが、解剖図を参考にしてください(図1)。原因は正常と違い梨状筋の走行異常に起因している場合が多いようです。「梨状筋症候群」の画像検索結果

 

〇梨状筋症候群の症状とは…

主にスポーツによって出現する坐骨神経痛が主症状で、臀部痛、大腿後面痛など多彩な症状を発する疾患です。梨状筋に硬さがあると、股関節に力を入れて外旋したときや、他動的に内旋させるときに痛みが発生します。特に坐骨神経を圧迫している場合は、SLR手技(下肢伸展挙上)にて症状が増強します。梨状筋の緊張が強くて直下にある坐骨神経を圧迫するため、腰椎椎間板ヘルニアと類似した症状であり、鑑別が必要になります。反対に、梨状筋は他動的に股関節を外旋すると緩みます。

 

〇梨状筋症候群の治療…

スポーツ現場での対処法はストレッチングが有用です。選手をうつ伏せにして膝関節90度屈曲位で、股関節の外旋運動に対して内旋方向に抵抗をかけて梨状筋を収縮させ、股関節の外旋筋群の伸張を図ります。 このストレッチングにおける内旋角度(抵抗角度)を徐々に変更すると、梨状筋はストレッチされて坐骨神経の圧迫症状も軽減してきます。しかし、非常にデリケートな筋肉なので、あまり抵抗をかけすぎないようご注意ください!

 

〇全快堂整骨院では…

アクチベーターやハイボルテージという高電圧の電気治療器や 骨格,骨盤の歪み・自律神経の調節・脳脊髄液の流れ・肩、腰、足首の関節・筋肉にアプローチするなどいろいろな施術をしていきます。

お身体に悩みやがありましたら、一人で悩まずご遠慮なくご相談ください!
「サッカー選手 怪我」の画像検索結果以上、平元でした。
※お問い合わせ・ご予約はこちらから
・☎ 029-357-7601

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>