オスグッドについて

今回はオスグッドについて書きたいと思います。

 

 

オスグッドは成長期のスポーツ少年が膝のお皿の少し下を痛がり、同時にその部位が突出してきて赤く腫れたり、熱を持ったりするのが特徴です。

〇病態

膝のお皿の下の骨がコブのようにもりあがり、膝を曲げるような動作(ジャンプ・ダッシュ)などで痛みが出る膝の疾患です。好発年齢は10~15歳くらいの男子に多く陸上・バスケットボール・バレーボールなどジャンプ動作を繰り返す競技に良く見られます。太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)にストレスがかかることによってお皿の下の骨が引っ張られて炎症を起こすと考えられています。

〇原因

主な原因としては、オーバーユース(使いすぎ)です。成長期の子供は通常でも骨の成長に筋肉の成長が追い付かず負担がかかり、そのうえ過度な運動でさらなる負荷を与えればそこで炎症が起きます。

〇診断

診断はレントゲンにて鑑別か可能です。

〇治療

アイシング・・・運動後や腫れ・痛みが強い時は氷水や湿布などで患部を冷やしましょう。袋に氷を入れて少し水で湿らせた氷水で10~20分冷やします。

安静・・・痛み強い時にスポーツ競技を継続すると、骨や周りの組織の損傷を助長してより悪化する恐れがあります。無理をせず膝に負担のかからない運動やトレーニングを中心に取り組みましょう。

ストレッチ・・・太もも(特に前面)の筋肉に柔軟性をもたせてあげて、膝の負担を少しでも減らしてあげるのが大切です。痛みの範囲内でストレッチしましょう。

 

〇全快堂整骨院では

骨格、骨盤の歪みの整体施術があります。

骨格,骨盤の歪み…神経の流れに着目し、神経が休んでいる部分を探し出し、直接働きかける事により、神経の命令が身体全体に伝わるようになり、筋肉がしっかり働き、骨格を正しい位置に戻し、症状をアクチベーターなどで改善します。

筋肉・骨格を正常な位置に戻す事で内臓・自律神経系もバランスがとれ、真の健康を引き出す事が可能です。

 

 〇まとめ
発症していても、軽い症状であればスポーツを続けることは可能と考えられます。その場合にはストレッチや、運動後のアイシングといった予防や対処をしっかりと行い、適切なコンディションを保つことが大切です。

当院の施術は 骨格・骨盤の歪み自律神経の調節脳脊髄液の流れ関節調節筋肉・リンパなどにアプローチします。                     お身体に悩みやがありましたら、一人で悩まずご遠慮なくご相談ください!

以上、野部でした。

※お問い合わせ・ご予約はこちらから
・☎ 029-357-760

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>