前十字靭帯損傷(膝のスポーツ外傷)について

 

 

〇前十字靭帯とは・・・

膝関節は大腿骨と、脛骨、膝蓋骨の3つの骨で構成されています。大腿骨と脛骨は安定性を保つために前十字靭帯、後十字靭帯、内側側副靭帯、外側側副靭帯の4つの靭帯でつながっています。

内側・外側側副靱帯は膝関節の両側にあり、膝の左右の動きを抑えて膝関節の安定性を高めています。一方の前・後十字靱帯は大腿骨と脛骨の間で交差しており、前十字靭帯は脛骨が前へ出ないように、後十字靱帯は脛骨が後ろへずれないように動きを抑制しています。
これらの靱帯が耐え切れないほどの強い力が加わって、伸びたり切れたりした状態を膝靱帯損傷といい、膝に加わった力の向きによって損傷する靭帯が違ってきます。

 

〇原因・・・

前十字靭帯損傷はバスケットボールやサッカー、スキーなどでのジャンプの着地や急な方向転換、急停止時に発生することが多いとされています。

 

〇症状・・・

受傷時は激しい痛みやブツッという断裂音(ポップ音)を感じることがあり、靭帯からの出血により関節の腫れを伴います。受傷後は徐々に症状が改善し数週間で歩けるようになりますが、膝の不安定感や、膝が抜けるような感じ(膝くずれ)が生じることもあります。

 

〇治療・・・

前十字靭帯は関節内にある靭帯なので血流が乏しく、一度切れてしまうと自然治癒の可能性はほぼありません。中高齢者には保存的な治療が選択されることもありますが、保存的な治療では前十字靭帯の機能回復は期待できないため、スポーツ活動を継続したい方、日常生活でも “弛さ”や”膝崩れ”症状が出現してしまう方は、靭帯の再建手術を行うことが望ましいです。

保存療法
膝動揺性抑制装具(サポーター)を装着して、痛みのない範囲で関節の動きを改善する可動域訓練を行い、筋力低下を最小限にとどめるようにします。

手術療法
損傷した靱帯の代わりに、患者さん自身の腱(自家腱)を移植する「前十字靭帯再建術」が一般的です。手術は関節鏡を用いてできる限り低侵襲で行われます。

 

〇全快堂整骨院では…… 

骨格、骨盤の歪みの整体施術があります。

骨格,骨盤の歪み…神経の流れに着目し、神経が休んでいる部分を探し出し、直接働きかける事により、神経の命令が身体全体に伝わるようになり、筋肉がしっかり働き、骨格を正しい位置に戻し、症状をアクチベーターなどで改善します。

筋肉・骨格を正常な位置に戻す事で内臓・自律神経系もバランスがとれ、真の健康を引き出す事が可能です。

 

 〇まとめ
発症していても、軽い症状であればスポーツを続けることは可能と考えられます。その場合にはストレッチや、運動後のアイシングといった予防や対処をしっかりと行い、適切なコンディションを保つことが大切です。

当院の施術は 骨格・骨盤の歪み自律神経の調節脳脊髄液の流れ関節調節筋肉・リンパなどにアプローチします。                     お身体に悩みやがありましたら、一人で悩まずご遠慮なくご相談ください!

八村塁がNBA首位と激突したら……。レイカーズ&レブロン達に喰らった ...
以上、野部でした
※お問い合わせ・ご予約はこちらから
・☎ 029-357-760

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>