~ばね指について~

今回は、ばね指について説明していきたいと思います。

 

〇ばね指とは…

 

指を曲げたり伸ばしたりするときに、指が引っかかる疾患です。         ばね指は、腱が太くなり腱鞘*を通りにくくなることや腱鞘*が膨らみ腱の通り道が狭くなることで起こります。スポーツ・仕事・家事で指を多く使う方や更年期・妊娠出産期の女性に多く発症します。また糖尿病やリウマチの方にも発症しやすいと言われています。                                  腱鞘……腱が通るトンネルのようなもの

 

〇ばね指の症状…

 

ばね指の症状は、起床時に多く見られることがあります。他にも、指の付け根を押すと痛む・指の曲げ伸ばしの時に引っかかり感などがあります。

 

〇ばね指の判断…

 

ばね指は骨に異常を起こしていないためレントゲンでは診断ができません。そのため、医師による検査で症状の出ている指や手の熱感や腫脹、圧痛の有無を確認することで判断します。また、指の動きに伴う引っかかり感も重要な所見です。
※レントゲン上ではばね指の診断はできませんが、骨に異常がないかを確認するために念のためレントゲン撮影を行うのもありかもしれません。

 

〇ばね指の治療…

 

保存療法がメインになります。痛みの出ている部分の安静            痛いところは腱が炎症を起こしています。炎症を抑えるために、無理に動かさないことが必要です。
※場合によっては固定することもあります。

腱や腱鞘のストレッチ
硬くなってしまった腱や通り道が狭くなった腱鞘のストレッチを行います。
ストレッチを行うことで腱の滑走を良くし、引っかかり感を取り除きます。

 

〇全快堂整骨院では…

 

骨格、骨盤の歪みの整体施術や関節調節などでアプローチしていきます。

骨格,骨盤の歪み…神経の流れに着目し、神経が休んでいる部分を探し出し、直接働きかける事により、神経の命令が身体全体に伝わるようになり、筋肉がしっかり働き、骨格を正しい位置に戻し、症状をアクチベーターなどで改善します。

筋肉・骨格を正常な位置に戻す事で内臓・自律神経系もバランスがとれ、真の健康を引き出す事が可能です。

当院の施術は 自律神経の調節脳脊髄液の流れ筋肉・リンパなどにもアプローチします。                                   お身体に悩みやがありましたら、一人で悩まずご遠慮なくご相談ください!

 サッカーをした後に膝裏に痛みがでる原因| 新御茶ノ水外来センター
以上、平元でした。
※お問い合わせ・ご予約はこちらから
・☎ 029-357-760

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>