スポーツ障害でお悩みの方へ

こんなお悩みはありませんか?

  • ボールを投げると肘に痛みを感じる…

  • 物を持つときに肘に痛みを感じる…

  • 肘の外(内)側が痛い、腫れてる…

  • 運動後に膝の外(内)側が痛む…

  • ジャンプすると痛い…

  • 走ると膝が痛い…

  • 屈伸すると痛みを感じる…

  • ボールを蹴ると痛い…

  • 小学生・中学生で膝が痛い…

  • 膝が痛くてスポーツができない…

  • 床に膝が当たると痛い…

  • 膝の骨が出てきて、腫れている…

  • スポーツをした後、膝(肘)に痛みがある…

  • 膝崩れがある…

  • 他院や病院に通っても症状が改善されない…

一つでも当てはまることがある方もご安心下さい。

当院ならそのお悩みを改善できます!

スポーツ障害の原因について

まずはスポーツ障害を引き起こす原因について、説明していきます。

野球肘の場合

野球肘の原因は、成長期のピッチャーなどに多く、投げ過ぎによるオーバーユースが多くの原因です。他にも負担のかかり易い投球フォーム・骨格の歪みによるパフォーマンスの低下などさまざまな原因があり、野球肘による痛みで悩む成長期の学童が多いのが現状です。

野球肘にも分類があり、①内側型②外側型③後方型があります。

 ①内側型・・・投球動作時に、肘の内側の筋肉による引っ張られる力が加わり、内側の筋   肉・靭帯・神経が伸ばされ、痛みが発生します。重症化すると、肘の内側の骨が引っ張られた時に骨折することもあります。

②外側型・・・肘の外側ある関節部分(椀橈関節)に圧迫力が加わり、痛みが発生します。ひどくなると、軟骨部の炎症や骨の壊死欠損など起こすこともあります。

③後方型・・・減速期からフォロースルー期に肘が伸びた時に、肘の骨が引っ張られて痛みを発症します。重症化すると、骨折を引き起こすこともあります。

野球肘の根本的な原因は、骨盤と骨格の歪みの影響が大きいです。下半身の力を、指先に伝えられなくなり、いわゆる「手投げ」の状態となり、肘に過度な負荷がかかり痛みを発症します。また、肘のリンパ循環もとても重要です。

野球肘は痛みだけでなく、骨の変形も合併しやすいので、将来、骨の成長に影響が起こることもあります。できるだけ早期に治療を開始しましょう。

テニス肘の場合

テニス肘は、腱鞘炎の一種であり、スポーツやお仕事で、手首を過度に使った時に発生する肘痛で、主に肘の外側に痛みや腫れがでます。

テニス以外にもゴルフやバドミントン、剣道・卓球といったスポーツをされている方。
料理人・大工・ギターなど楽器演奏者などの職種にも現れやすいです。

テニスによる原因は、ラケットでボールを打つことを過度にすることで、腱の付着部である肘の、主に外側に炎症が起こり発症すると言われていますが、根本的な原因は、骨格の歪みが大きな影響を及ぼしていると考えます。特に頚椎のズレや詰まりがあると、頚椎から上肢に向かう神経伝達が悪くなり、力が入りにくくなります。その状態で負荷がかかると怪我をするリスクが高くなってしまうのです。

その他の原因に、手首や肘や肩の関節の硬さ、血液リンパ循環の不良、骨盤の歪み、肋骨や上肢など骨格のズレなどが考えられます。悪い箇所をしっかりと見極め、肘に負担のかからないような治療をすることが大切となります。

ランナー膝の場合

ランナー膝の症状

ランナー膝は、主にランニングで発症し、スポーツ全般的に発症します。膝の曲げ伸ばしを過度に繰り返し、膝の外側に炎症を起こし膝痛を起こします。

ランナー膝の原因は一般的には「過剰な走り込みによる使いすぎ」と言われていますが、それだけではありません。当院では、ランニングフォームが最も重要なことだと考えます。

また、休養不足、柔軟性低下、ウォーミングアップ不足、合わないシューズ、硬い路面を走り続けていることなど、環境的要因もランナー膝の大きな要因になります。

当院では、正しいフォームでランニングできるように、膝への負担がかかり過ぎないように、身体を調整していきます。

図にあるように、ランナー膝の痛みが加わるのは大腿骨の周辺です。腸脛靱帯は緊張が増していくため、靱帯の走行に沿ってうずくような痛みを感じます。

はじめのうちはランニングが終わった後に痛みが発生し、休むと気にならなくなります。しかし、対処しないと痛みは増していき、その痛みも簡単には消えなくなります。

オスグッド病の場合

成長期の痛みは、膝に多く筋肉は骨についています。

骨の成長に対して筋肉の伸びが追いつかないと、付着部で骨をひっぱり、痛みが出ます。

そのため、筋肉を柔らかくしておくことが大切です。
オスグッド病は、膝下(脛骨粗面)が痛む。激しい運動を行っている10代前半に多いです。

ジャンパー膝の場合

ジャンパー膝の症状

膝蓋骨の上下のどちらかに痛みが生じ、ジャンプ動作の時に痛むのが特徴です。

ジャンプや着地を多くするバレーボールやバスケットボールだったり、キックやダッシュを繰り返すサッカーやハンドボールなどによく見られるスポーツ障害です。

ジャンプやダッシュなどを過剰に行った際に、膝の曲げ伸ばしで過度が負荷が繰り返し加わることで、膝蓋骨周辺に細かな損傷を招きます(図)。
ジャンパー膝の多くは微少断裂ですが、もっとも重い症状では完全断裂することもあるので注意が必要です。

シンスプリントの場合

シンスプリントの症状

脛骨(すねの骨)の下、1/3の部位に痛みが生じ、激しい痛みではなく、鈍い痛みが特徴です。原因は、オーバーユース、ランニング〈ジャンプ〉フォーム〈膝が内側に入る〉が考えられます。また、脛骨過労性骨膜炎と呼ばれることもあります。
基本的には、体を動かすどんな運動においても激しい運動をした際に発生する可能性があります。

その中でも特に、ランニングやジャンプを繰り返すスポーツ(陸上競技、バスケットボール、バレーボールなど)で起こりやすい痛みです。

この痛みは筋肉が骨に付着するラインに沿って5cm以上の範囲で起こります。

一方で5cm以下の場合は疲労骨折の可能性を考えなければいけません。

走ったり歩いたりしている時だけ痛みを感じ、通常は安静にする事で痛みが無くなります。しかし次第に悪化すると、足がついている間中ずっと痛むようになり、やがて常に痛みがある状態になります。

起床時のベッドから起き上がる動作や、日常生活全般の動作の中でも痛みが生じるようになります。

更に症状が進行すると、脛骨の疲労骨折に至る可能性もあるので要注意です。

ご安心下さい!当院がスポーツ障害からあなたを救います!

当院の施術は、骨格・頭蓋骨の歪み・自律神経の調節・脳脊髄液の流れ・関節調節・筋肉調節にアプローチします。施術後は、患部の痛みが軽減されるだけでなく全身がスッキリ軽くなったことを感じていただけます。