足の捻挫でお悩みの方へ

こんなお悩みはありませんか?

  • 足首を捻ってしまい外くるぶしの前や下が腫れる…

  • 体重をかけたり、歩くと痛い…

  • 内出血がでたり、押すと痛む…

  • 試合の直前なのに、足首を捻ってしまった…

  • 病院で骨には異常ないと言われたけど、痛くて歩けない…

  • 何度も足首を捻ってしまい足首が緩い感じがする…

  • 他院や病院に通っても症状が改善されない…

一つでも当てはまることがある方もご安心下さい。

当院ならそのお悩みを改善できます!

足首の捻挫の原因

捻挫を引き起こす原因は以下のようなものがあります。

足首を内側にひねった際の靭帯損傷

捻挫の原因

 

足関節捻挫の多くは、足首を内側にひねった際に外力が加わり、足関節を安定させている靭帯に過度の緊張が加わって損傷することで起こります。これを足関節内反捻挫といいます。特に、外くるぶし尖端の前方に位置する前距腓靭帯(ぜんきょひじんたい)に損傷が起こることが多いとされています。

足関節内反捻挫は、サッカーやバスケットボールなど、スポーツ活動中に起こる「スポーツ外傷」のひとつとして知られています。
スポーツ活動中の捻挫は、走行中の方向転換時・ジャンプの着地時・相手と接触したときなど、さまざまなシーンで起こっています。
また捻挫はスポーツ活動中のほか、段差の昇降時に足首をひねるなど、日常生活中にも起こります。

子どもの足関節捻挫は、遊んでいるときにくぼみに足をとられたり、他の子どもの足にのってしまったりすることにより起こることがあり、剥離骨折を伴うこともあります。
このような受傷時の状況や、足首をひねった向きなどの情報を伝えることは、その後の診断や治療に役立ちます。

ご安心下さい!当院が捻挫を楽にします!

当院の施術で捻挫を改善します

当院の施術は、骨格・頭蓋骨の歪み・自律神経の調節・脳脊髄液の流れ・関節調節・筋肉調節にアプローチします。施術後は、足首の痛みが軽減されるだけでなく全身がスッキリ軽くなったことを感じていただけます。