腱鞘炎でお悩みの方へ

こんなお悩みはありませんか?

  • 頻繁に腕や指を使うことが多い…

  • 指をスムーズに曲げ伸ばししにくい…

  • 痛くてぞうきん絞りができない…

  • 腕が疲れやすい…

  • 手がむくみやすい…

  • パソコンのキーボードを打ったり、字を書く時に痛む…

  • 親指に痛みや負担がかかることが多い…

  • 他院や病院に通っても症状が改善されない…

一つでも当てはまることがある方もご安心下さい。

当院ならそのお悩みを改善できます!

腱鞘炎の原因

腱鞘とは、骨と筋肉をつないでいる腱を包み、腱が滑らかに動くよう支える滑車のような働きをする組織です。

腱鞘炎とは、この腱鞘と腱がこすれ合って炎症を起こす病気です。

指の酷使やホルモン分泌が原因

腱鞘炎は指の使い過ぎで起こることから、パソコンのキーボードやマウスなどで反復的な操作をしたり、スマホを長時間操作する人、指を多く使う楽器を演奏する人、グリップやボールなどを握るようなスポーツをする人などに多くみられます。
また、更年期の女性や妊産婦に多いことが知られており、女性ホルモンの分泌に関連すると考えられています。

「ドケルバン病」(狭窄性腱鞘炎)

ドケルバン病の症状

ドケルバン病は、親指を伸ばしたり広げたりする働きをする腱が、それらを包んでいる腱鞘との間に炎症を起こして発症する腱鞘炎です。

手の甲に腫れや痛みが起こり、また親指を曲げたり広げたりすると、手首が痛みます。スマホの長時間使用でも起こることから、俗に「テキストサム損傷」とインターネット上などで呼称されたこともあります。

「ばね指」(弾発指)

ばね指の症状

ばね指は、指の曲げ伸ばしの際にばねのような引っ掛かりが生じる「ばね現象」と呼ばれる症状です。
指の曲げ伸ばしをするための腱と腱の浮き上がりを押さえるトンネル状の「靭帯性腱鞘」の間で炎症が起こって発症する腱鞘炎の症状で、手のひら側の親指や人差し指、中指の付け根などが痛むことがあります。

ご安心ください!当院が腱鞘炎からあなたを救います!

当院の施術は、骨格・頭蓋骨の歪み・自律神経の調節・脳脊髄液の流れ・関節調節・筋肉調節にアプローチします。施術後は、腱鞘炎の痛みが軽減されるだけでなく全身がスッキリ軽くなったことを感じていただけます。